AmazonでSEO対策をして検索上位を独占する方法

2018.03.20

Contents

海外ではパワーセラーやマーケッター達がノウハウを確立している一方、国内で謎とされていた「AmazonSEO対策」を伝授します。

 

まず、商品を新規登録してアクセス数を増やしたり、検索で上位を独占したりするためには、Amazonが使用する「A9」というサーチエンジンの特徴を考慮する必要があります。

考え方の基礎は「お客さんの為になる」ということで、それを目指せば必然的に検索上位になります。

 

まず販売個数に関してです。

A9は「販売総数」よりも「直近で多くの商品を販売した」という実績を高く評価するアルゴリズムを採用しています。これを利用する場合、たとえば、まずセールを使って「利益が出ない価格」または「赤字の価格」に設定して一時的に大量に販売して検索上位を狙い、その後、価格を普通に戻して利益を取るというやり方などが有効です。

カスタマーレビューは、量より質が重要。たくさんレビューされることよりも、レビューの評価において5つ星と4つ星が90%以上になることのほうがポイントとなるのです。

 

合わせて、単にアクセス数を稼ぐのを狙うだけでなく、成約率を上げるための努力も重要です。魅力的な写真を利用したり、適正な価格で販売したりするなどして、実際に商品を購入してもらうことを考えてページを作りましょう。

在庫数は多いほうが評価される仕組みとなっています。価格、評価が同じは在庫数が多いほうが上位に表示されるのです。

もちろん、検索エンジンの最適化も必須です。GoogleのキーワードプランナーやAmazonのサジェスト機能を活用して、タイトルや商品説明に需要があるキーワードなどを充実させましょう。

 

また、Amazonは何も書いてないページよりも情報が豊富なページを好む傾向があるので、商品詳細情報はできる限り記入するのがベストです。

以上のことを念頭にページを作れば、自然と検索で上位に表示され売上もアップするはずなので、できるところから取り組んでみましょう!

 

詳細に関しては後日アップします。